複数の端末からいつでも読める手軽さ

本は大好きで沢山読みたいのですが、カビアレルギーで、図書館の本などは手が痒くなったり気管に違和感を感じたりして読めません。 また、同じ理由で、家に本が増えることも避けているため、電子書籍はとても重宝しています。「読む本」は軽いkindle paperwhiteで、料理本や雑誌は色がきれいで大きくて見やすいipadで、とデバイスを使い分けています。 移動時でもカバンが重くならないし、本が痛む心配もない。また、ちょっとした待ち時間にiphoneから続きが読めたりと、アプリが入っていればどの端末からも読めるのもとても良い点です。

いつでもどこでも老眼でも電子書籍

以前、auの毎月定額で読み放題の電子書籍を利用していました。紙の本や雑誌を読むのも好きなのですが、ここ数年で老眼が進行して、細かい文字を読むことが面倒に感じ、娘から「スマホなら文字を拡大して読めるじゃん」と言われたのがきっかけで電子書籍を利用するようになりました。定額で読み放題なので、欲張ってあれもこれもと気になった書籍を片っ端からダウンロードしまくり、病院の待ち時間や寝る前、お風呂でもトイレでも読んでいました。スマホさえあればいつでもどこでも読めるので便利でした。最近スマホのキャリアを変えたので、どこの電子書籍を利用しようか考え中です。

小さい画面サイズのスマホでは使えない

5インチのスマートフォンで使ってみたが、文字が小さくて使い物にならなかった。勿論、拡大縮小機能は付いているが気持ちよくサクサク読むにはそういう機能には頼りたくない。結局7インチ以上のタブレット向けだと思った。また、7インチでも低い解像度のものだとやはり読みづらいと思う。この辺は電子書籍を扱うホームページで、推奨画面サイズと解像度を明記して貰いたい。否定的に書いたが、部屋が本で嵩張らないメリットは非常に大きい。これからもどんどん市場を拡大していくだろう。

持ち運びも助かる電子書籍

最近はもっぱら電子書籍で本を読んでいます。

タブレットで読めるので、書籍に比べて字が小さいということもありません。

どこでも読めるし、何冊も本を持ち歩かなくても良いのが気に入っています。

読書好きにはとっても便利です。

サイトによって、お得なキャンペーンなどをやっていたり、実際の書店と連動してポイントが溜まったりするものがあります。

ポイントでの購入や電子マネーでの精算ができるので、便利でお得に利用しています。

dマガジン 評判

◇dマガジンってどう?という方はチェック!
利用者の生の声が紹介されています。

サイト名:◇dマガジン知らないと損する利用方法とは?|雑誌読み放題アプリ徹底比較ガイドDM78
URL:◇http://xn--d-zeuqb7j6d.com/

このページのトップへ